天気と車の評価の関係

車を高く売る方法の真相を暴く > > 天気と車の評価の関係

天気と車の評価の関係

車売る際には、車本体の評価が最優先されるのは言うまでもありません。

しかし、車売る際には、車本体以外の要因も絡んでくるというのも、また事実です。

そんな要因のひとつに、天気があります。

その日が晴れているのか、雨が降っているのかなどによって、車売る際の売却金額が大きく異なってくるのです。

まずは、雨が降っているときです。

雨が降っているときには、買取業者のところに来るお客さんの数は少なくなります。

そのため、週末などに雨が降っているのであれば、車売るというのもいいかもしれません。

しかし、平日に車を持ち込むことができる場合、雨が降っている時は避けるべきです。

小さな買取業者ですと、ガレージに車が入っていて、買取希望の車をガレージに入れられないことがあります。

すると、雨が降っている中、外で査定をしなければなりません。

これは、査定金額にいい影響は与えません。

また、雨が降っている時は車が汚れてしまいます。

見た目が汚れてしまってもいけません。

次は、晴れている天気のときです。

一見すると、晴れているときが買取のベストシーズンと思われがちですが、そうでもありません。

晴れている時は、色々なあらが見えてしまうものです。

例えば、洗車のときにできた洗車キズや、鍵穴周辺にできた鍵の引っかきキズなどです。

塗装が一部はげていたりすると、それも晴れているときには目立ってしまいます。

これは、査定においてはあまりプラスとはなりません。

特に、夏の暑いときにはれた天気で査定をしようとすると、査定をする人の気も萎えてしまいます。

そう考えると、車の評価をもっとも正当にしてくれる天気は、曇りということになります。

曇りであれば、ちょっとしたキズは目立ちにくくなります。

直射日光も当たりませんので、査定をする人も暑さで萎えてしまうこともありません。

とはいえ、あくまでも基本は出来るだけ早く車売ることです。

晴れや曇りといった気象条件は、あくまでもおまけとして考えてください。





ズバット車買取
言わずと知れた車一括買取No1のサイトです。有名な車買取店を豊富に抑えているので登録必須です。

かんたん査定ガイド
ズバット車買取でカバーされない車買取店をカバーしています。是非一緒に登録しておきましょう。

カーセンサー.net簡単ネット査定
最後の一押し、あと少しだけ高く売りたい!という時に抑えておいて損はないです。

トラック王国
大型車、重機などトラック系の車種を売るならここがベストです。


タグ :