売却時に必要な書類って何でしょうか?

車を高く売る方法の真相を暴く > > 売却時に必要な書類って何でしょうか?

売却時に必要な書類って何でしょうか?

車の売却時に必要な書類は、普通自動車と軽自動車で若干違います。

車売るといったときには個人間で売買契約を交わすケースもありますが、多くはディーラーや中古車販売店、中古車買取店といった業者への売却です。

業者と普通自動車について契約を結ぶ場合、売却時には「自動車検査証」「印鑑登録証明書2通」「自賠責保険証明書」「自動車納税証明書」「実印」「リサイクル券」が必要です。

自動車検査証は、記載されている住所と氏名が印鑑登録証明書と相違ないかを確認しましょう。

違う場合には、他の書類も必要となります。

一度住所変更があったことで相違が生じているなら「住民票」、複数回住所変更が行われて上で相違が生じているならば「戸籍の附票」及び「住民票の除票」、結婚や離婚、その他の理由によって姓が変わっている場合には「戸籍謄本」を揃えなければなりません。

印鑑登録証明書やこれらの書類のように役所から発行されるものに関しては、発行後1ヶ月以内のものを用意します。

「自賠責保険証明書」を紛失している場合には、保険会社で再発行が可能です。

自動車検査証の場合は登録した陸運局で、納税証明書は管轄の都道府県県税事務所にて再発行ができます。

自動車検査証の再発行に関しては、申請書類代や手数料が必要ですので注意しましょう。

この他譲渡証明書や委任状が必要となりますが、これは業者の店頭で作成することが出来ます。

移転登録などの手続きを売却先の業者に代行してもらうこととなりますので、これらの書類の作成が必要です。

業者に車売ると、このような煩雑な手続きを代行してもらえるのも大きな利点です。

軽自動車売る際には、「自動車検査証」「自賠責保険証明書」「リサイクル券」の用意が必要となり、普通自動車売る場合とあまり変わりません。

しかし印鑑に関しては、実印ではなく認印でも可能です。

これらを「軽自動車納税証明書」とともに用意しておきましょう。

店頭では「自動車検査証記入申請書」を作成します。

普通自動車、軽自動車ともにリサイクル料金を預託していないケースは近頃では極稀になっていますが、もしも受託していないのであれば、現金でその場業者に支払う、もしくは売却金額から差し引かれるという形で解決します。





ズバット車買取
言わずと知れた車一括買取No1のサイトです。有名な車買取店を豊富に抑えているので登録必須です。

かんたん査定ガイド
ズバット車買取でカバーされない車買取店をカバーしています。是非一緒に登録しておきましょう。

カーセンサー.net簡単ネット査定
最後の一押し、あと少しだけ高く売りたい!という時に抑えておいて損はないです。

トラック王国
大型車、重機などトラック系の車種を売るならここがベストです。


タグ :