傷ついている場合の下取りって

車を高く売る方法の真相を暴く > > 傷ついている場合の下取りって

傷ついている場合の下取りって

車を売る際に、愛車についているキズが査定にどの程度影響するのか誰しも考えることでしょう。

車をどこかにずっと展示していたということがない限り、車を使用していれば必ずどこかに擦ったあとや飛び石跡が生じます。

飛び石など自分がぶつけなくとも勝手についてしまうので、対処方法が全くありません。

結論として程度によりますが、車が損傷していて査定が上がるということはないでしょう。

しかし、基本的に飛び石跡などがあっても車売ることは可能です。

気になる査定に関してですが、これといってキズに関しての決まりごとがないため、業者によって判断が異なります。

具体的には、長さが1cmに満たないものは、キズとしてみなさないところもあれば、業者によってはみなす場合があるのです。

そのため、車を査定する際には点数方式により査定が行われます。

5点満点で外装に小さな小石跡があれば4.5点、数箇所あれば4点、大きく目立つようだと3.5点等のように減点していくのです。

中古車サイトなどを見ればこの点数が載っていますので参考にするといいでしょう。

実際は、車体の全体的な評価となりますので、走行距離や内装の状態なども関係してきますので注意が必要です。

車売る時に実際に程度の損傷だから問題ないとしていても、全体的な査定から低評価の場合もあります。

その車のニーズもかなり影響があると言えるでしょう。

人気のない車が高く売れるわけがないのは当然と言えるでしょう。

車売る際に、キズがあるからといって自己修理は控えましょう。

プロの方が施工する場合と素人がする場合では、差が歴然です。

下手に補修を行うことで、売ったあとにプロによる補修がありますので逆に査定を下げてしまうこともあります。

自分でやる場合には、軽いコンパウンドをかける程度にしましょう。

また、下手に業者に依頼することも控えましょう。

補修にはそれなりに金額がかかりますので、車売る際に査定が多少上がっても差し引きで、合計がマイナスになることがありますので注意が必要です。





ズバット車買取
言わずと知れた車一括買取No1のサイトです。有名な車買取店を豊富に抑えているので登録必須です。

かんたん査定ガイド
ズバット車買取でカバーされない車買取店をカバーしています。是非一緒に登録しておきましょう。

カーセンサー.net簡単ネット査定
最後の一押し、あと少しだけ高く売りたい!という時に抑えておいて損はないです。

トラック王国
大型車、重機などトラック系の車種を売るならここがベストです。


タグ :